過去のイベントに飛ぶ

イベント開催報告

ここでは、以前のカフェ玖伊屋や、玖伊屋が協力したイベントについて報告します。

2003年07月05日 のカフェ玖伊屋

東九条文庫センターで開催しました。

いつきさんの料理

未稿

玖伊屋瓦版

「玖伊屋瓦版」とは、カフェ玖伊屋で毎回配布しているチラシです。次回の開催案内とスタッフの雑文が記載されています。HTML版は文章のみ、PDF版はチラシそのままです。玖伊屋瓦版に限り、クリエイティブ・コモンズの「帰属 - 非営利」に従った利用が可能です。

PDF版

vol.56
PDFの閲覧は、Adobe Reader 等を利用ください。

上に戻る

HTML版

自分のからだ
阿倍まりあ

人間の体を構成する分子は微量ずつだが入れ替わっている。この事実に着目したマッドサイエンティストは、入れ替わる分子を制御することで老化をなくす方法を実現した。やがて制御する技術はマッドサイエンティストの手を離れ。資本家の手に。

自分の身体を積極的に制御したいニーズをあおれば儲かる。顔、体型、骨格、体質、体力、知性、そして性別まで、すべて望みどおりに変えられる商売が始まる。

流行に節操のないわたしは、いの一番に飛びついた。

なりたい体の希望を細かく設定して、制御カプセルに入ること数カ月。カプセルから出たわたしは自分の体を確かめる。鏡で顔も。性別を変えたので少し時間がかかったけど、念願の「いい女」のからだ。うん。満足満足。意気揚々と、ずらりとならんだカプセルをあとにする。

同時期に制御を終えるひとたちが並んでいる場所らしく、他のカプセルからも続々と出てくる。出てきたひとたちを見てわたしは血の気が引いて行く。

みんな同じ顔、同じ体型だった。

上に戻る


過去のイベント

上に戻る

RSS フィード

[rss] 玖伊屋のイベント開催報告と連携する

上に戻る


Copyright © 2004-06 Kweeya. All rights reserved.