過去のイベントに飛ぶ

イベント開催報告

ここでは、以前のカフェ玖伊屋や、玖伊屋が協力したイベントについて報告します。

2005年08月27日 のカフェ玖伊屋

東九条文庫センターで開催しました。会場とスタッフの都合で半年休みにしていたため、ひさびさの開催となりました。

いつきさんの料理

「ガンボ料理」「カスのハリハリ」「ゴーヤー風チャンプルー」などが出されました。

玖伊屋瓦版

「玖伊屋瓦版」とは、カフェ玖伊屋で毎回配布しているチラシです。次回の開催案内とスタッフの雑文が記載されています。HTML版は文章のみ、PDF版はチラシそのままです。玖伊屋瓦版に限り、クリエイティブ・コモンズの「帰属 - 非営利」に従った利用が可能です。

PDF版

vol.77
PDFの閲覧は、Adobe Reader 等を利用ください。

上に戻る

HTML版

IBLTG
阿倍まりあ

よくLGBTなんていう言い方をする。レズビアン、ゲイ、バイ、トランスということだそうな。末尾にI(インターセックス)を加えることもある。

最初にGが自分たちの問題を言い始めた。次にLが声をあげる。その頃に、より少数のものを優先的に言及することが重要とのことでLが前に来る。その後Tなんてのもいるぞということで、LGTとなる。

ちょっと待て、Bがいることを無視せんといて!と声をあげるけど、Gが中心だとBに冷たいのか、LGBTとかLGTBといった扱い。

自分がどういったひとが好きなのかという問題と、自分の心はこうなんやという問題のほかに、自分の体はこうなんやというIは無視できない。そんな訳で末尾にIを取ってつけることもある。

でもね、性や性別の多数派に話しても理解されにくい順で言うとね、IBLTGなんと違うかなと常々思う。

GとTがようやく目に見える問題になって来たけど、Lは蚊帳の外だし、Bなんて無視されてるし、Iに至っては別問題。

だからIBLTGと意識的に言ってみよう。

上に戻る


過去のイベント

上に戻る

RSS フィード

[rss] 玖伊屋のイベント開催報告と連携する

上に戻る


Copyright © 2004-06 Kweeya. All rights reserved.